バナジウムとラジウムの関係

レンタルできるウォータサーバーのメリットはコレだけじゃない!

此処までスゴイなら熟年夫婦の会話にも「チョー、マジスゴくね?」もありかもしれないな……。冗談ですってば。

前回の口コミはウォーターサーバーを導入すると、ペットボトルとか買いに行く手間や処理の手間がなくなっちゃうんだって!て話でしたが、今回の口コミは実はその水だってスゴイんだぜって話をしましょう。

ウォーターサーバーに使用される水は、大きく分けて「天然水(ミネラルウォーター」と「純水(RO水)」の二つです。天然水の中には温泉にもなっている「バナジウム」だとか「ラジウム」なんてものが含まれているものもありますが、ここでは水を採水してからの処理の仕方で分けています。

天然水は元々採水した場所の水の成分をなるべく損なわぬよう、しかし、食品衛生管理基準をしっかりと満たした処理を施したミネラル分を残した水です。ミネラル分は人間にとって必須ですので、健康志向の人にとても人気があると口コミで広がっています。

そして、「純水(RO水)」ですが、純水に近い水といった方が正確です。が、RO膜という0.0001ミクロンの極小孔でろ過した水は、普通では取り去れない不純物や菌なども除去できるので、正に純水に近い水となります。ただし、ミネラル分も一緒に除去してしまうので、後からミネラル分を足すものもあるし、ミネラル分は足さず、純水ならではの口当たりの良さなどを味わったり乳幼児のミルクを作ったり料理に使用したりすることが出来ると口コミで評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です