ウォーターサーバーに関する見識

マシーンの上側に水の入ったボトルを装着することで、冷水、お湯を出す冷水熱水器機をウォーターサーバーと言います。近頃は、CMで見かける事が増えてきたので、身近なものに変化してきたと思います。少し心配なウォーターサーバーの水の購入の仕方ではありますが、複数本からとしている企業が多いと感じます。なので、購入が何本以上からそしていくらなのかを確かめて、見比べてチョイスすることが必要でしょう。

はじめに、平らな置き場にウォーターサーバーをセットすることを前提としましょう。他に、強い日差しから遠ざけて水のかかるリスクのある置き場所も避けてください。コンセントに差すものなので、そのそばであることも大事です。雑菌を増やすことをウォーターサーバーにおいて予防する方法は、はやめに天然水を使いきることです。それに加えて、定期的な検査が必要不可欠と言えます。料金不要で点検を行っている企業もあるので、不安のないミネラルウォーターを摂ってください。

数々のウォーターサーバーの業者がいますということは、トラブルもあるものでしょう。例えば、解約金についてです。解約にお金を求めてくる業者があると言われています。購入時に、資料を熟読することが必須と言えます。

重い水の買い物とは、おさらば!

それで、レンタルできるウォータサーバーが「チョー、マジスゴイ」のかと言うと。

一つ一つ順を追って説明しましょう。詳しく知らないと口コミも出来ませんからね!もちろん、このブログは口コミ前提にお話します。

ウォーターサーバーの大きな利点、それはお手軽さ。何が手軽って、水を買う手間、使うための手間が必要最小限で済むってことです。

もし、ウォーターサーバーを使わなかったらあなたはどんな水を飲みますか?水道水?浄水器を使った水?それとも市販のペットボトルのミネラルウォーター?口コミでは、ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいる方が大半とか。

では、そのペットボトル、いつもどうやって買いに行っていますか?口コミでは、大型スーパーの安売りの日などに一気にダンボールごと……もしくは重たい思いをして、何本かをまとめ買いと言うのが多いようです。たしかにまぁ、車があればダンボールごと買うのもいいでしょう。しかし、まとめ買いをしている方、ペットボトルを重たい思いして買いに行き、あっという間になくなっていて愕然としたなんて口コミも寄せられています。また、沢山まとめ買いしたとしても、使用済みのペットボトルの処理に辟易したなんてことも。なんにせよ、労力の割りにあわないことが多すぎると口コミで伝えられています。しかし!ウォーターサーバーは違います!水は専用のボトルが宅配業者によって自宅まで届けてくれるので、ペットボトルを買いに行く手間が省かれます。そして、空いたボトルも回収してくれたり、また、処理しやすいよう作られているボトルもあるので捨てるのに手間がかかりません。

……ね、チョー、マジスゴくないっすか★

バナジウムとラジウムの関係

レンタルできるウォータサーバーのメリットはコレだけじゃない!

此処までスゴイなら熟年夫婦の会話にも「チョー、マジスゴくね?」もありかもしれないな……。冗談ですってば。

前回の口コミはウォーターサーバーを導入すると、ペットボトルとか買いに行く手間や処理の手間がなくなっちゃうんだって!て話でしたが、今回の口コミは実はその水だってスゴイんだぜって話をしましょう。

ウォーターサーバーに使用される水は、大きく分けて「天然水(ミネラルウォーター」と「純水(RO水)」の二つです。天然水の中には温泉にもなっている「バナジウム」だとか「ラジウム」なんてものが含まれているものもありますが、ここでは水を採水してからの処理の仕方で分けています。

天然水は元々採水した場所の水の成分をなるべく損なわぬよう、しかし、食品衛生管理基準をしっかりと満たした処理を施したミネラル分を残した水です。ミネラル分は人間にとって必須ですので、健康志向の人にとても人気があると口コミで広がっています。

そして、「純水(RO水)」ですが、純水に近い水といった方が正確です。が、RO膜という0.0001ミクロンの極小孔でろ過した水は、普通では取り去れない不純物や菌なども除去できるので、正に純水に近い水となります。ただし、ミネラル分も一緒に除去してしまうので、後からミネラル分を足すものもあるし、ミネラル分は足さず、純水ならではの口当たりの良さなどを味わったり乳幼児のミルクを作ったり料理に使用したりすることが出来ると口コミで評判です。

サーバー電気代、ランニングコスト

いい加減、ここまで繰り返すとウザいですね……。あくまでも「口コミ」がテーマですよー!

気を取り直して。口コミのためにウォーターサーバーは手間いらず、そして水がスゴイと話してきましたが、今度は電気の問題。ウォーターサーバーは設置したら冷蔵庫と同じように常に電気を通しておかなければなりません。そこの電気代ってどうなの?という心配の口コミも多数寄せられています。

……断然、電気代も安いです。いや、冗談でなく!平均して月々1000円程度です。これは電気ポットを使用するよりも安い計算になります。もっと、安い業者も口コミで寄せられています。何と月々93円!これは破格でしょう?

もっとも、冷静に考えてみれば、とても簡単なことなのかもしれません。もし、ウォーターサーバーでなく冷蔵庫にペットボトルを入れていたら、飲んだりするたびに冷蔵庫を開けなくてはなりませんよね。実は、電力を使用するのは冷蔵庫の場合、開閉時に消費される場合が多いのだとか。だから、同じく口コミの節約術なんかで冷蔵庫の開閉は3秒以内!とか冷蔵庫の庫内の温度が上がらないように透明なカーテンのようなものを張っておくといいだとか言われていました。でも、ウォーターサーバーを使用すれば、冷蔵庫でペットボトルを冷やす必要もないわけですから、冷蔵庫の開閉時の電力の問題はクリアですよね。そして、電気ポットでお湯を沸かす必要もナッシングなので、その電気代もクリア。結果、ウォーターサーバーの電気代の方がお得ってことです。

口コミから広がる権威性

口コミは、得てして何事に対してもスゴイ威力を発揮します。

人は少しでも快適に暮らしたいと、生活意識に対して向上心を持っています。その為なら、どんな情報も手に入れたいと思うし、その情報が本当に自分の生活を向上させてくれるものか、試してみたくなるものです。だからこそ、ウォーターサーバーも企業用から家庭用へ普及し始めて今やその勢いは企業用を上回るほどかもしれません。もちろん、それは口コミの効果だけだとは言い切れません。しかし、インターネットや営業マンやCM よりも、やはり一番人の心に届きやすいのは何よりも人の言葉ではないのでしょうか?

何より、近年より叫ばれている水の安全性の問題、環境問題、食の安全……。それも、人々が生活意識を向上させたいと強く願う要因の一つとなったかもしれません。そして人から伝えられる「口コミ」と言う方法が情報過多の今、更に拍車をかけていっているのでしょう。

聞けば、ウォーターサーバーを家庭に導入してから、イロイロな変化があったと口コミ情報として寄せられています。アトピーやアレルギーなどの症状で悩んでいる人がウォーターサーバーの水で症状が軽減したなんて話や、サーバーの水でダイエットが出来た、とか。他にも子供がジュースを飲む回数が減った、何ていう口コミもあります。凄いですよね。それらはウォーターサーバーなしにはなり得なかった、とは言いませんが、少なくとも口コミからウォーターサーバーの凄さが伝えられた証でもありますよね。

関西地方のウォーターサーバー

「口コミ」とは、人の口から口へと伝えられることが大前提であるので、情報が広がる範囲やその情報が有効である場所が特定されるのも特徴の一つですよね。

だからこそ、その情報は信憑性を増し、大きな影響力を持たせることが出来るのだと思います。団地を代表とした、そこかしこで行われているコミュニティにおいての「井戸端会議」と呼ばれる「雑談」は正に口コミの宝庫。あそこのスーパーで●●が安かった」に始まり「×××のケーキは美味しかった」だの「昨日のテレビで△△を食べると痩せるらしいって言ってた」……なんて。話の半分は身のない会話かもしれないけれど、その話の発端は全て「口コミ」の情報。そこから色んな話へと発展して言ったり、情報の持ち寄りが更にそのものに対する興味を深める事になったりするので、「井戸端会議」も馬鹿に出来ないものなんです。

で、地域限定といえば私の地元が大阪の豊中なので、ウォーターサーバーを豊中ではどんな口コミ情報を持っているか聞いてみたところ、余り「関西限定」にこだわりはなく、主に全国をフォローしてくれるウォーターサーバー業者であったり、兵庫に本社を持つウォーターサーバー業者であったりの口コミが多かったように思います。やはり、全国フォローが安心できると言う人と、地元に本社がある方が何かと対応してくれそう、という二つの意見がありました。友人が同じ関西圏内の大阪に住んでいるので、ウォーターサーバーが大阪でどのような口コミ情報を持っているのか尋ねると、同じような答えが返ってきました。地域密着もアリだけど、やはり安くてサービスがいい業者、これだそうです。

関西人はそこんところ、結構シビアです★

ウォーターサーバーの普及度

前述の通り、口コミとは狭い限定されたコミュニティでこそ大いにその力を発揮できます。しかし、その口コミをまとめてインターネットや他のメディアで見せることは可能なのです。ウォーターサーバーが口コミ全てで広がってきているとは言いませんが、やはり口コミの情報を頼りにしている人も多いのは事実のようです。

一つの例を挙げるとするなら、ウォーターサーバーが家庭に普及した事です。元々企業用に開発されたものが、どうして家庭用として広く普及し始めるようになったのか。近年の水の安全性の問題がきっかけとなったかもしれませんが、それだけでこれほど普及するものでしょうか?どこかで、ウォーターサーバーを家庭に広めるべく動いた「口コミ」の立役者がいたはずなのです。そして、それは水面に投じたひとつの石のように次々と大きな波紋を描き、ウォーターサーバーを家庭に浸透させていったのかもしれません。

しかし、まだまだ完全にウォーターサーバーが全ての人に認識されているわけではありません。小さなコミュニティの何気ない雑談から始まり、それが「口コミ」として次第に大きくなりつつあるその途中にいます。また、コミュニティから発せられる情報は、一方向ではないものです。ウォーターサーバーは、飲んで痩せる薬や痩身機のように効果が人によって違うなんて事はありません。もちろん、水の好みやライフスタイルによって変わってくることはあっても、サーバーそのものが変わってしまうほどではないものです。誰もが同じ体験を出来るものだからこそ、共感も得やすく口コミの効果はよりアップするのかもしれません。その口コミ効果を信じて、ウォーターサーバーを神戸でどれだけ口コミで普及されるか、友人と挑戦してみようかと画策中でっす★

ウォーターサーバーの情報整理

考えてみたらウォーターサーバーの口コミ情報サイトだって言いながら、口コミの話ばかりしかしてないですね。

ちょっと、口コミで聞いたウォーターサーバーに関する情報もちょっとご紹介していきたいと思います。

まずは、もう少し口コミの事についてお話しておきます。この情報過多な時代、大事なのは自分にとって必要な情報を上手くつかむことです。口コミが全ていいわけじゃありません。自身の情報に対する部分をしっかり持って、情報収集に望みましょう。

さて、そんな口コミ大好きな友人と私がこのサイトで初めてウォーターサーバーを口コミするのは「クリクラ」です。もう、口コミするまでもなく、ここのウォーターサーバー業者はテレビで大々的にCMしているので、知っている方も多いはず。今、クリクラではエコを前面に打ち出してのキャンペーンを行っています!お試しもありますし、成約すればエコ商品が抽選でプレゼントされちゃう!すごいですよね★

もうひとつ紹介するのは「コスモウォーター」です。三種類の天然水からお好きな水を選ぶことができます。何とワンウェイ方式のボトルでは業界初のペット樹脂を使用した、リサイクル可能なボトルを開発!使い捨てじゃなく、業者が持ち帰りまた使用することができます。正にこちらもエコですね。また、サーバーの色も5色から選べ、お部屋のインテリアの一つとして置くのもいいですよね。

他にも、もう少しウォーターサーバー業者の口コミ情報を紹介します★ 案外、水の宅配サービスって多いものなんですよね。

ウォーターサーバーの深堀り

あんまり、そんな称号貰っても嬉しくないけど。何かの情報に詳しいって言うのはちょっと誇らしくなれますよね。

話題づくりにも困らないし。やはり興味あるものは、知りたいと思うのが真理ってものじゃないですか?

では前の記事に続いて、ウォーターサーバーのレンタルで、口コミ情報を少しお伝えしましょう。その前に、ウォーターサーバーに買取とレンタルがあるのはご存知でした?

え、あ、知らなかった?失礼しました。あるんです。しかし、業者によって様々ですが、今はレンタル料が永久無料だったりするところもあるので、買取はあまり主流とは言えません。長く、ずっとこのレンタルサーバーとお付き合いしていきたい!と思う方は少し買取りも視野に入れてみるといいかもしれませんけどね。

おっと、話がそれた。こほん。

では、ウォーターサーバー口コミ情報でおススメなのは「アルピナウォーター」です。とにかく、水のこだわり方が半端ではなく、北アルプスのそのままでも十分飲める天然水を更に三つの段階を経てろ過。極めつけはRO(逆浸透膜)フィルターを使用して不純物を徹底除去した正に、純水に近い水に仕上げたキレイな水です。主に関東地区に人気があり、ボトルも一本約995円と破格なお値段なのが嬉しいですね!

もう一つは「オーケンウォーター」です。三つの天然水から好きな水を選ぶことが出来ます。また、ウォーターサーバーは独自のシステム特許を複数取得しています。サーバーの大きさも卓上型と床置き型があって、置く場所やライフスタイルに合わせて選べるのが魅力ですね。今なら天然水2本、丹波産コシヒカリ、松茸昆布、お手入れセットのいずれかをプレゼント中です!

ウォーターサーバーの普及率

ウォーターサーバーが企業から家庭へ、普及し始めたきっかけは、一体なんだったのでしょう?

企業に勤めていた人間が、コレが家にもあったらなぁ、なんてウォーターサーバーの業者につぶやいたのが始まりだったのかもしれません。

もしくは、どこかの主婦が重たいペットボトルを何本も抱えて、ヨタヨタと歩いている姿を見た人がいたのかもしれないですね。

きっかけは何であれ、それからウォーターサーバーに家庭用ができて口コミ効果もあり、徐々に広がっていっています。そして今やウォーターサーバーをレンタルできるようになり、家庭用としても本当に身近になりつつあります。なのに、まだ、普及率は少ないのが現状です。

もちろん、口コミでウォーターサーバーのよさを伝えたいと思う身でこんな事を言いたくはないのですが、普及しないのにはそれなりの訳が必ず存在するのだと思います。ウォーターサーバーは完璧ではありません。まだ、発展途上のものです。それ故、トラブルや事故も悲しいかな発生しています。そして、「安心して飲める安全な水」!と謳っているはずの業者の水が実はそうではなかった、と言う事例もあります。

そんなこともあって、ウォーターサーバーを全国に普及させるのは大変なことだと思いますが、私は負けません!

とにかく口コミで伝えることは、いいことも悪いことも全てお伝えしなくてはならないと思っています。そこから決めるのは、情報を受け取ったあなた自身なのですよ。